KARAKURI Days JOB LIST
2019.09.11 KARAKURI day by day

CPUを超える!? 流しそうめん計算機

こんにちは!Corporate and People Groupのホリノウチです。

前回ご紹介したマリオメーカー計算機につづいて、新たに東大データサイエンティストたちの手により計算機に変身させられたのは、夏の風物詩「流しそうめん」… Σ(゚ω゚)
全貌はこのような感じで、一見するとただの流しそうめんに見えます。

しかし、実はこの「流しそうめん」なんと、二進法で3桁+3桁の足し算ができるんです。
疑っていますか?疑いますよね?でも、ちゃんと計算できるんです。コホン、順を追って図で説明いたしますね(❐_❐✧)

上の図のように、そうめんの投入口を「1の位」「2の位」「4の位」と3箇所設けます。
投入口の各分岐点にスイッチャーが設置されており、このスイッチャーにそうめんが通過すると「0→1」へ。もう一度通過すると、「1→0」という形で交互に動きます。

 

3Dプリンターでつくったスイッチャーの仕組み。

 

最終的に、3箇所の分岐点に設置されているスイッチャーが「0」か「1」どちらを向いているかで計算結果を見ることができ、足し算の結果が8以上になると、8の位(出力)の竹に流れてくるという仕掛けになっています。

早速、実践してみましょう!
お題は、CEO小田が目隠しされた状態で数字がかかれたカラフルボール(1~7が記入)を選びます。

 

まずは3から。
3は二進法で011なので、「1の位」と「2の位」にそうめんを投入。
そうすると、分岐点に設置されている矢印が0→1に。

計算の前に、3つの分岐点のスイッチャーをリセットして、入力されたそうめんが左側に出力されるようにしておきます。

 

次に6を足します。
二進法で110なので、「2の位」と「4の位」にそうめんを投入します。
分岐点のスイッチャーを確認すると001、そして8の位の所にも流れてきたので…

そうです!「1001=9」という結果になります。
流れたそうめんは8の位に流れていき、スタンバイしていたカラクリストが頂きました!

流れてきたそうめんを見事、Get!!!

 

実験成功にホッと一息つくプロジェクトメンバー

 

プロジェクトの成功を喜ぶCEO

 

見事、成功を遂げたあとは、全員が流しそうめん&お祭りを楽しみました。

お祭りといえば、欠かせないラムネ!!!

 

射的コーナーも設置!むかし懐かしいお菓子が並びます!

 

狙いを定める女スナイパー

 

スーパーボールすくいに夢中になるいい大人たち

 

いかがだったでしょうか?「流しそうめん」まで計算機にしてしまうくらい数学が大好きなメンバーが集まるカラクリストたち。次に計算機にしてほしいリクエストなどあれば、いつでもご連絡ください(笑)

 

Special thanks!!

計算機の設計を考える、東大データサイエンティストのメモ。流しそうめんへの愛が感じられます。

 

「流しそうめん計算機」をつくってくれたプロジェクトメンバーのみなさん!楽しい時間をありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LATEST

KARAKURI DAYS トップへ戻る

RECRUIT

「今までにないカラクリで
世の中を豊かにしたい」

私たちが掲げるミッションや、
描くビジョン、価値基準として
最重視している
『3 VALUE』に共感し、共に新しく価値ある
サービスを生み出してくれるメンバーを募集しています。