KARAKURI Days JOB LIST
2018.09.12 KARAKURI day by day

KARAKURI Days 始動 & 流しそうめん計算機

こんにちは!記念すべき『KARAKURI Days』 初ポストは、KARAKURI Days 編集長(仮)兼  執行役員 経営企画の鈴木咲紀子が担当します。

KARAKURI Daysの構想を描き無事リリースするまで約2カ月。お伝えしたいネタは溜まる一方ただでさえリソースが足りていないシードステージのスタートアップであるカラクリ。「どうやって更新時間を捻出するの?」なーんて事が頭をよぎらなかったわけではありませんが、私たちの事を伝えたい!その思いが優った結果、前のめり気味にスタートしました。

カラクリという会社と、そこに集まる人々カラクリストについて理解を深めて頂く機会になれば嬉しいです。

さて、少し前のことになってしまいますが、去る8月の某日、渋谷から築地へオフィス移転をし、Barカウンターのあるコミュニケーションスペースをゲットしたカラクリで初のイベント『流しそうめん計算機プロジェクト -Vol.1- 』が開催されました。

コトの始まりは、カラクリが誇る天才AIエンジニア・データサイエンティストチームとの「そろそろ夏だしBBQでもしようよ!」「肉もイイけど肉ばかり食べているのも身体に悪いし、夏だしやっぱそうめんとか?」という、ごくありふれた何気ない会話からでした。それがどういうわけか、流しそうめんを物理コンピュータに見立て計算をさせてみよう!という話になるのが実にカラクリらしく、土曜日だというのにほぼAllメンバが出席する大盛況イベントとなりました。

着々とそうめんの準備が進みます。Barカウンターのはずが急遽IH調理器が設置されキッチンカウンターになりました。

坂本シェフ(兼データサイエンティスト)の華麗なる包丁さばきを見つめるCEO小田&テクニカルアドバイザー濱邉氏&サマーインターン中のなるみちゃん。

続々と並べられる料理の数々。イタリアンのアンティパスト風や茄子&油揚げの煮込み漬けダレという「フュージョン系そうめん料理」で腹ペコなカラクリストの心を鷲掴みにした坂本シェフ。煮豚、美味すぎ!やわらかすぎ!でした。

口いっぱいにそうめんを頬張りながらも、流れ来るそうめんは逃さないCTO中山。世界中のハンターとの狩りで反射神経が研ぎ澄まされているのでしょう。流石です。

そうめん(と氷水)が入ったボウルを自らが持ち、そうめんを流しこむ役割のセールスエンジニアHeyをアシストするCEO小田。

左利き3兄弟。左利き天才説はやはり本当だったの?!と興奮するも束の間、3人のうち1人だけ左手の方がそうめんをすくい易いからという合理性重視な似非左利きだとか。。

カラクリスト皆それぞれが「夏の風物詩・流しそうめん」を満喫し、笑顔溢れる夏の思い出ができました。

ん?そうめん計算機とやらはどうなったの?ですって?今回の「流しそうめんプロジェクト」は、流しそうめんを2進数に置き換えて物理コンピュータとして扱うために、水流とそうめんの浮力の状態を確認するための事前テスト流しそうめんだったそうです!次回「流しそうめんプロジェクト-vol.2-」では、あいにく写真には登場しなかった現役ビジュアル系バンドのドラムニスト且つあの高IQ集団MENSA会員の飛弾(ひだ)のアイディアで足し算をする流しそうめんを実現させるとか?!

と、…すっかり秋めいてきたここ数日。。来年の夏Vol.2開催ならば四則演算全ての計算を流しそうめん計算機で出来るようになる!…はず?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LATEST

KARAKURI DAYS トップへ戻る

RECRUIT

「今までにないカラクリで
世の中を豊かにしたい」

私たちが掲げるミッションや、
描くビジョン、価値基準として
最重視している
『3 VALUE』に共感し、共に新しく価値ある
サービスを生み出してくれるメンバーを募集しています。