KARAKURI Days JOB LIST
2020.09.16 制度・イベント

豪華賞品を手にしたのは!?Slack botハッカソン【後編】

いよいよ皆さんお待ちかねのSlack bot ハッカソンの結果発表です!
前編の6チームで、豪華賞品を手にしたのはどのチームだったのでしょうか?
今回用意された賞は3つ!

・ユニークで賞(世の中一般からみて、ユニークであること)
・売れそうで賞(プロダクトにしたら世の中を豊かにできる可能性があること)
・カラクリを助けるで賞(社内メンバーの助っ人的機能があること)

それぞれの賞が持つイメージに沿った豪華賞品と、受賞作品を順を追ってご紹介します!

ユニークで賞:TeamC ~覗き見ボット~


リモートワーク中、Zoomでの雑談が増えてきましたよね。そんな雑談に途中参加する悩みを解決してくれます!例えば、「複数部門でZoomランチする予定だったけど、遅刻しちゃった💦誰が参加してて、いまどんな話してるんだろう?空気こわさないかな・・・。」そんなとき、役立つのがコレ!

覗き見ボットは、Zoomでの会話をチラ見せしてくれます。誰がどんな会話をしているのかリアルタイムで更新されるので、参加者や内容をみて、Join!オフィス内の立ち話に参加するのと同じような感覚で、気軽に馴染むことができます。

<受賞理由>
どんな話をしているのか表示させるというユニークな発想と、それを実現するために、音声認識を使用したという技術的な素晴らしさが受賞のポイントとなりました。
そんなユニークで賞の賞品は・・・

賞品もユニークなものを!スマートヘッドホンが贈呈されました!

 

売れそうで賞:TeamD ~oh no~

MTGのスケジュール調整を自動化してくれる「oh no」!MTGの開催が決まったら、フォームを呼び出して、タイトル、時間、参加者を入力します。すると、全員があいている日にちだけ複数ピックアップ!参加者が好きな時間にリアクションをするだけで、自動でカレンダー登録まで行ってくれます。だから「本当は空いてなかったんだよね、再調整お願い!」という無駄な作業を撲滅できます( ̄ー ̄)ニヤリ

今後のアップデートとして、サジェスト機能や様々なカレンダー、Web会議ツールとの連携などを予定しているそうです。

「oh no」はコチラから!
https://github.com/karakuri-ai/slack-bot-schedule

 

<受賞理由>
すでにネットで公開されている日程調整のbotなどを調べた上で、他にはない機能を追加。また今後、どういったアップデートを予定しているかや拡張性などの将来的なプレゼンも受賞ポイントとなりました。

最も審査基準の高い、「売れそうで賞」は誰もが喜ぶコチラ!

 

リンベルさんより国産牛のカタログギフトを贈呈いたしました!

 

カラクリを助けるで賞:TeamF~ホットピさん

オフィスにいるとその場の雰囲気で部署内関係なく盛り上がったりする場面ってありますよね?同じように「Slackを活気あるオフィス空間のようにしたい」というところからホットピさんは誕生しました。Slack内を監視し、盛り上がっている投稿をホットピチャンネルに転載してくれます。

リアクション内容とテキスト内容を元にホット度を算出します。10分に1回クローリングし、閾値を超えた投稿がホットピチャンネルに転載される仕組みになっています。

ホットピさんはコチラから!
https://github.com/karakuri-ai/hottopi-san

<受賞理由>
オンラインだとなかなか難しい一体感を出せるという、今回のハッカソン開催の目的にもピッタリあったbotとなりました。また、リアクションのネガポジ分析などもされ、ポジティブな内容が転載されるように工夫されている点も素晴らしいです。

賞品はホットピさんのように少しでも助けになるものを!
食べチョクさんの生産者応援サイトよりマスクメロンを贈呈!

今回のハッカソンでは、審査員(役員陣)も驚くほど便利なSlackbotがたくさん誕生しました!また、当初の目的でもあった「、部署間のコミュニケーションが活発」になる良い機会にもなりました。

勝負ごとに本気になるメンバーが多いので、「もう一度やりたい」という声がすでに出ています。

次はどんなハッカソンになるでしょうか?おたのしみに!

 

その他のチームのSlack botはこちらからご覧いただけます! 

TeamA~カラクリコンシェルジュ~
https://github.com/karakuri-ai/slackbot-karakuri-concierge

TeamB~SLACKBOTK / XMOTIGOME / TESMBOT~
https://github.com/karakuri-ai/slackbot-k

TeamE~Topic Rack / CSV Converter / メンションまとまる君~
https://github.com/karakuri-ai/slackbot-better-mention-tool

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

LATEST

KARAKURI DAYS トップへ戻る

RECRUIT

「今までにないカラクリで
世の中を豊かにしたい」

私たちが掲げるミッションや、
描くビジョン、価値基準として
最重視している
『3 VALUE』に共感し、共に新しく価値ある
サービスを生み出してくれるメンバーを募集しています。